sakura
  • トップ
  • 工学系のご案内
  • 受験生の方
  • 国際交流
  • 教職員

Research/工学系の研究と研究者紹介/国際開発工学専攻 高木 泰士准教授

フィリピン高潮災害調査報告 ― 防災における国際開発工学の重要性

2013年11月8日、史上最大級の台風Haiyanが、フィリピンのレイテ島・
サマール島を直撃し、8,000名近くの死者・行方不明者を出す大災害
が発生しました。12月4日~13日の日程で日本・フィリピンの大学研究者・
行政関係者からなる合同調査団が初めて科学的な調査を行いました。

フェンスより向こうは不法住居地域。打ち上った作業船によってなぎ倒されたバラック
(写真右)

mark AOTULE
Asia-Oceania Top University League on Engineering

mark 工学系 工学部 議事概要

mark 顕彰と研究助成

mark 東工大工学系教育賞

mark 工学系の研究と研究者紹介

リンク

ENG(エングー)マーク